無料相談へ行こう

自己破産に関する無料相談を行っている弁護士事務所は数多くありますが、実際に依頼することを考えると、どのようなポイントで選べば良いのでしょうか。

自己破産するに当たって、最も心配なのはやはり費用面だと思います。弁護士事務所によっては、相談料だけではなく着手金などの初期費用が無料の所もあります。また、分割払いができるかどうかも重要です。料金自体も明朗で、良心的な事務所を選ぶと良いでしょう。

無料相談債務整理を専門にしている事務所であることもポイントです。弁護士は債権者に直接交渉し、訴訟や示談などのやり取りを行います。これまでの実績が多ければ金融機関への交渉などもスムーズに対応でき、同じ金融機関に何度も交渉した経験があれば信頼関係もあるので、交渉が良い方向に進む可能性も高いと言えます。

以上の二つのポイントを満たしている弁護士事務所は、比較的大都市圏に多いと言われています。大都市圏の法律事務所は、実績の数が地方の比になりません。人口が多ければそれだけ借金問題を抱える人が多く、自己破産する人も多いからです。全国対応してくれる事務所なら、地方の方でも利用が可能です。事務所を訪れるのも、通常は一回で済み、来所が不要な所もあります。相談だけならメールや電話でも受け付けている所が多いので、まずは条件に合った事務所を検索し、無料相談を受けてみることをお勧めします。

【関連サイト】アディーレ法律事務所│弁護士へ無料相談

弁護士依頼のメリット

自己破産手続きを弁護士に依頼するにあたって、「家族や周りの人に知られてしまうのではないか?」という疑問や、心配も多いかもしれません。破産の申し立ては自分で行うこともできますが、弁護士に依頼するメリットには次のようなものがあります。

弁護士弁護士が代理人になることで「同時廃止」が認められやすくなります。自己破産の申立を行なうと、通常は破産管財人が裁判所により選任され、「管財事件」となります。しかし、財産が極めて少なく、破産手続費用を支払うことが出来ないと認められた場合は、同時廃止という手続きに移行します。同時廃止を認めてもらえれば、管財事件に比べて予納金がはるかに少額で済み、破産の手続自体も早期に終了します。弁護士が付くことで財産や免責に関する調査がしっかり行われるので、自分で申し立てするよりも同時廃止になる可能性は高いと言えます。

また、自己破産手続きの依頼を受けた弁護士は、債権者に対して「受任通知」を送付します。この通知が届いた以降は、債務者本人に対する取立てが禁じられるので、債権者による督促などがなくなります。債権者とのやり取りも弁護士が窓口になってくれるので、周囲の人にも知られず、精神的にかなり楽になります。

借金問題は精神的負担が大きく、弁護士に相談するだけでも気持ちが楽になるものです。自己破産するかどうか悩んでいる方も、まずは話を聞いてもらうことから始められてはいかがでしょうか。

自己破産と弁護士相談

借金を完済できる見込みがなく、取り立てに追われる毎日は辛いものです。真面目な方ほど逃げてはいけないと思い込み、自分を追い詰めてしまうものですが、法的な救済措置である「自己破産」を利用して一からやり直す方法もあります。当サイトでは、自己破産の弁護士相談について解説いたします。

自己破産自己破産とは、財産や収入の不足によって、借金を返済する能力がないことを裁判所に認めてもらい、借金の支払い義務を免除してもらうための手続きの事です。原則として、借金を支払う義務がなくなることを「免責」と言います。自己破産ができるのは、基本的に過去7年以内に免責を受けたことがない方に限られています。但し、特別な事情があれば考慮してもらえる例外もあるようです。

裁判所に破産の申し立てをした時点で借金が免除されると思っている方も多いですが、免責決定を受けるまでは支払い義務が無くなることはありません。裁判所での法的手続きが必要になるので、専門知識を持った弁護士に相談されることをお勧めします。

自己破産を考えるような状況にある以上、最も心配なのは弁護士費用だと思いますが、無料相談を行ってくれる弁護士事務所も数多くあります。しかも一度だけではなく、数回にわたって無料で相談を受け付けてくれる事務所もあるようです。借金の悩みを周囲に知られたくないと思う方も多く、一人で抱えがちですが、債務整理に精通した弁護士なら心強い味方となってくれるでしょう。弁護士に自己破産を依頼するメリットや、無料相談を利用する弁護士事務所の選び方については、別のページで詳しく解説いたします。

借金問題は悩んでいるだけでは解決できません。まずは未来に向けて前向きなアドバイスを受けることが必要です。当サイトを参考にして、便利な無料相談をぜひ活用してみて下さい。