麻布善福寺前の柳の井戸

ココは、都内でも数少ない(自噴の井戸)です。

※自噴井とは、被圧地下水(粘土層のさらに下にある圧力を受けている水)の存在する場所まで掘りぬかれた井戸であり、受けた圧力と大気圧がつりあう所まで水位が上昇し、結果として自ら地表に吹き出てくる井戸の事を言います。

ちなみに、通常の井戸ポンプは粘土層の上に溜まっている地下水をくみ上げています。

 

 

 

写真左が井戸の本体。

そこから湧き出た水が石の樋を通って四角い石に送り込まれています。

 

 

水量は多いと思うのですが、昔はもっと多く湧き出ており、

近所の豆腐屋さんが豆腐作りに使う水として汲みに来ていたそうです。

 

井戸脇のこの水路を通って、最終的には排水溝に流れてゆきます。

 

飲んでみるのはやめましたが、きっとまだ飲めるのだと思います。

説明文にも書かれていますが、井戸は大切です。

しかしながら、その大切さを思い出すのは災害の時だけなのかもしれません。

イザという時後悔しないよう、井戸ポンプを大切に残していくべきだと思います。

<アーカイブへ>

Copyright 2007- Ido-jin. All rights reserved.