弁護士依頼のメリット

自己破産手続きを弁護士に依頼するにあたって、「家族や周りの人に知られてしまうのではないか?」という疑問や、心配も多いかもしれません。破産の申し立ては自分で行うこともできますが、弁護士に依頼するメリットには次のようなものがあります。

弁護士弁護士が代理人になることで「同時廃止」が認められやすくなります。自己破産の申立を行なうと、通常は破産管財人が裁判所により選任され、「管財事件」となります。しかし、財産が極めて少なく、破産手続費用を支払うことが出来ないと認められた場合は、同時廃止という手続きに移行します。同時廃止を認めてもらえれば、管財事件に比べて予納金がはるかに少額で済み、破産の手続自体も早期に終了します。弁護士が付くことで財産や免責に関する調査がしっかり行われるので、自分で申し立てするよりも同時廃止になる可能性は高いと言えます。

また、自己破産手続きの依頼を受けた弁護士は、債権者に対して「受任通知」を送付します。この通知が届いた以降は、債務者本人に対する取立てが禁じられるので、債権者による督促などがなくなります。債権者とのやり取りも弁護士が窓口になってくれるので、周囲の人にも知られず、精神的にかなり楽になります。

借金問題は精神的負担が大きく、弁護士に相談するだけでも気持ちが楽になるものです。自己破産するかどうか悩んでいる方も、まずは話を聞いてもらうことから始められてはいかがでしょうか。